プロフィール

Akemi Ueda 

 

滋賀県出身。京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専修卒業。2000年よりロータリー財団国際親善奨学生として渡独し、2003年ドイツ国立マンハイム音楽大学芸術家育成課程を最優秀で卒業。さらに、ロータリークラブ・マンハイムの奨学生として同大学ソリスト育成課程に進学、2005年同課程を卒業。

2002年、サン・ノム・ラ・ブルテッシュ国際ピアノコンクール(フランス)第3位、ノールトヘッセン夏期マスタークラス(ドイツ)にて聴衆賞を受賞。2003年、ヴァレンティノ市国際音楽コンクール(イタリア)第1位。2004年、カルロ・ソリヴァ国際音楽コンクール(イタリア)第3位。

2005年11月に大阪・いずみホールで行った日本デビューリサイタルに対し、大阪文化祭賞奨励賞を受賞。2006年、第15回ABC新人オーディション合格。2007年、平和堂財団芸術奨励賞受賞、東京国際芸術協会より助成を受ける。

これまでに「迸るベートーヴェン」「グリーグ ヴァイオリンソナタ全曲演奏会」

「ママとベビーに贈るピアノコンサート」など多岐にわたる演奏会を開催。
2006年7月にCD「Akemi Ueda Piano Recital」をリリース。
2012年11月、これまでの活動が評価され、平成24年度滋賀県文化奨励賞を受賞。

同年12月、ジョイントリサイタルでの演奏に対し、第26回京都芸術祭毎日新聞社賞を受賞。


ピアノを今堀尚美、井上宏子、島崎清、故・種田直之、Robert Benzの各氏に師事。
滋賀県立石山高等学校音楽科非常勤講師を経て、現在同志社女子大学学芸学部嘱託講師、

カワイ楽器「スペシャルピアノレッスン」講師。

 

PTNA 全日本ピアノ指導者協会正会員、同協会ピアノ指導者検定全級合格。